Switch『メガトン級ムサシX(クロス)』プレー日記:11 学生たちよ、青春しよう!

 

kikyou9drt.hatenablog.com

とにかく激震だった前回の日記。

ソロンの住民移住に大忙しだったところだが、赤城町で生活を始めたようだ。

パイロットの九世やシズカも一緒に星刻学園に通い始めたぞ!……マジ?

九世の実際の年齢についてはやっぱり突っ込まれててダメだった。

そしてそして、イクシア内に「東郷門」という新エリアが新規開拓されたんだとか。

周辺の人たちへの聞き込みによると、デカいショッピングモールやオシャレなカフェやホビーショップがあるそうだ!

巨大ショッピングモール、なんとワクワクする響きだろう。これは事k……イベントの予感。

大きな門がトレードマーク!周辺にオシャレな雰囲気の店も!

筆者もそうだったのですが、近場の遊ぶところ以外でもこういうところに行きたくなりますよね。繁華街とはまた別腹の楽しさなのですよ。

このメンバーでショッピングモールに行くことになるとは。

いいね、普通の学生の日常って感じだね。

 

この東大門エリア、裏の顔はソロンからの移住住人が住む拡張エリア。

新興住宅街に大きな総合病院に新しいショッピングモール……リアルで言うニュータウン、的な?……ネーミングから想像してたより結構近代的だぞ!?

しかし、元ソロン住人は姿などは変わらぬも、ソロンでの記憶を記憶操作で封印された状態である。

変わってしまった姿を見てすこしショックを受けた様子のシズカ。

シズカ「こうやって知ってた人間が 変わったのを見るのは インパクト大きい…」

大和「アレ、結構キチぃよな。まぁアレのおかげで 救われたってのも事実だけどよ。」

記憶操作については作中でも何度か言及ありますが、いざ大きな変化を見る側になるとまた違った感情がありますね……。

もしかして、と思って確認してみたら、元ソロン住人の赤城町での様子のプロフィールが追加されてて、ちょっとフフッてなってしまった。

 

まぁ実は、ソロンからの移住者以外もこっそり潜り込んで居たみたいですが。

前回死闘を繰り広げた彼らも新しい家族としてマッチングされていたようだ。

記憶操作で溶け込む人の生活の中に、操作されていないドラクター人が入り込む。なかなかすごい構図だ……。

大和たちパイロットを監視しながら住むドラクター側からの新しい視点。こういうのも中々興味深いですね。

 

ショッピングモールに入れるようになる。

内装とか大きめの郊外系モールのそれでマップイラストの作り込みすごい。むちゃくちゃ見覚えある感じで吹いてしまった。
昔ながらの商店街のある町の隣くらいの立地ってのも地方感あってじわじわくるんですが!
都会を舞台にしたゲームはよくあれど、こういう舞台は珍しいのでは……?(謎の感動)

赤城町にないタイプのお店もあるので、そこにキャラの反応仕組んでるのも上手いと思ったり。ベビー用品店を見てビクッとする浅海くんとか。

緊迫していたストーリーの最近では珍しく、貴重な日常回だった今回。

次のシェルターにも到着し、作戦開始の予感。

サンクチュアリに到着するためにも、見た目からしてもう厳つい要塞ゴットハンマー攻略が当面の目標になるみたいね。

ライフワークアイテムコンプしました

全部イラストが埋まって壮観!

最終章なのでオチ担当の話を開放した。いやぁ、どれも読んでて面白かったわ。

いろいろ巻き込んで個人的にかなり意外だった人物まで関わってくる裏番長を探せ、

安定の銀ちゃん食レポ

存在だけでもう面白いメイドてるるん、

一話完結、サブキャラの出番もあり!なネコネコ探偵社

こういう視点も読めるのいいよね……なトンキー。

清夏のストーリーは、前回のメインストーリーで丁度あんなの見た後だから、ドキッとしちゃったじゃないか。
大和清夏展開が見れてスチルもあってとても良き……。

 

そして新章にてアナザーストーリーの追加もあり。

なんと待望(?)の九世とマーガレットさんの関係に注目したストーリーが追加だ!ストーリーを開放するアイテムはこの章で全て見つけることができるので、サクサク読めるぞ。

ここで急にマーガレットさんに対する理解が深まるとは思わなかった!!……最初っからこういう構図にするつもりだったのかねこの2人の関係!?

マーガレットさんに対する安心度が急上昇していく。九世は頑張れ。

 

次回はザクソン作戦……よりもお先に軽めボリュームでアーシェム章をお送りする予定。

ぜったい面白いメンバーによる冒険、どんなものかちょっと楽しみだったりする。

<つづく>

Switch『メガトン級ムサシX(クロス)』プレー日記:10 住人大移動作戦

メガトン級ムサシW(ワイアード)がついに配信開始ですよ!!

www.megaton-musashi.jp

いやぁ、最初のパッケージ版のムサシを発売日に買った勢ではあるのですが、ついに壮大なストーリーも完結するんだな!と思うと感慨深い。

まぁ……私はまず何よりも先にXの部分を終わらせねばならんのですが!!(爆)

なんやかんやでこのゲームのハクスラ部分も楽しく思えてきたところなので、いつまでかかることやら。(先に購入しときましょうね……)

 

あ、あとようやくプラモデルも予約開始したみたいなのでそちらも気になる。

 

今なら言ってたことが少しは分かる気がするぜ、宮田さん……!

前回の日記

kikyou9drt.hatenablog.com

 

~時は少しさかのぼる~

現在シドルでは、グリファースが事実上のトップになっていた。
アーシェムを新たなトップに迎えるべく、グリファースは2人の従者を地球に送っていた。

しかし女王も、隙を見て逃げ出し、地球に潜伏することに成功。アーシェムを探して赤城町にいる。

2手からアーシェムを探す手が伸びているが、果たしてどうなるか!

ってところが前回まで向こうの動向ですね。

続きを読む

Switch『メガトン級ムサシX(クロス)』プレー日記:9 波乱の新パイロット試験

前回の日記

kikyou9drt.hatenablog.com

一方そのころ地球では、九世が尋問されていた。

態度がでけえなオイ。マーガレット・ブレクネンさんになんだその態度は!!さんをつけろよ(略

続きを読む

「つまらない」「ひどい」などネガティブワードで検索してうちのブログに来てくれたそこの君ィ!!!

お題「周りにはあんまり好きな人がいなかったけど自分的にぐっさり刺さってた漫画(アニメ)」

こんなお題見つけたけどそんなん『妖怪学園Y』に決まってるじゃないですか!!!!

って勢いで書く。

あのときY学について狂ったように書いていたワケ。

最初見た時、当時疲れ切った社会人だった自分にぐっさり刺さりすぎて、謎のエネルギーで34話分全部観てその後毎週日記書いてゲーム版も遊んで専用ホームページまで立ち上げるまでさせてくれたあの感情は嘘のような日々だが嘘じゃ無かったんだと何度でも言いたいんだ。

 

kikyou9drt.hatenablog.com

好きな人が回りにいなかったどころか、視聴前後の情報が批判意見しかなくて頭抱えたという新しいパターン。

だからこそこのアニメに関しては、自分が思ったこと、当時起きたことを発信せねばならないと思ったし、自分の嗅覚を信じて良かった、そう言える。

SNS情報のクローズ性が上がってきている今、自分が思ったことをこのように発信しなければ、後の世代が検索して出てくる情報が、

「主人公と世界観を一新した妖怪ウォッチシリーズの次回作、主題歌担当がすとぷり、あと何故か分からんが低評価」って程度の情報しか残らなくなってしまう。

……残念なことに、これだけの情報で観るのを辞める、駄作だわってまるで決めつけるように言う層も居るんですよね。
だからこそ、視聴せずともある程度の情報にアクセスできるように、誰でも観れるような形で文章にしておきたかったのだ。

ちなみに最近またアニメの後半部分再視聴した。
改めて見ると社長シナリオの悪いところは気になりますがまぁいつものことやしなと笑い飛ばしつつもやっぱりおもろかったし好きなとこは好きなのは変わらないです。

 

tweet.3ka.me

Y学に関しては、放送終了してしばらく経つためか、そういう風潮は当時ほどではなくなってきたと肌感覚では感じていますが、

残念ながら現代のインターネット(とくにSNS上)では、まるで決めつけるような議論をされているところが一部で散見される。

恐れているのは、そのような過激意見を目にした人が、『好きであることは、おかしい?』ように思い込んでしまうことだと思っている。

特にこのアニメに関してはインターネットに入り浸ってるような我々老害オタクよりももっと子供をターゲットにしているはずなので、

せめて、当時の子供たちが成長してインターネットに触れるようになる頃には、彼らが自分の意見に蓋をせず『好きを、好き』だと気兼ねなく発言できる自由がありますように。

そのように私は願っている。

そのとき思いついた、私ならネットの検索結果を操作できると

我が弱小ブログでも、はてなドメインパワーのおかげさまよ……

かんっぜんに検索エンジンウケだけを考えて書いたネタ(一種の釣り?)記事がGoogleの検索結果で一位だからな。

おう、うちのブログ、未だに「ひどい」だの「つまらない」みたいなネガティブand検索キーワードで流入している人がどうも多数らしいってのはアクセス解析からずっと把握してるからな。(実はそういうの分かるんですよ)

いやそれ自体はわりとどうでもいいんだけども。一応ほかにもいろんな記事書いてるのに3年前のアニメの記事ばっかりにアクセスされる現状、ドウシテ……。

kikyou9drt.hatenablog.com

その結果ネットの海に放流されたこんな露骨過ぎる釣り記事みて何も思わなかったんですか!?!?!?

とにかくコレが絶対ウケると先回りして書いておいて良かったよね……。やってて良かったはてなブログ

SNSとかだと内容一切見ずに批判してる奴が多くね……?って静かに怒りに狂いながら書いたので、
もっとこの記事が炎上して然るべきだと思っていたのにコメントが一切付かなくて逆に不安になってるんだが。

表面的な情報だけで(エアプで)批判するのってさ、何も生まないんだよね

内容についての記述無く、つまらないなどと言ってる奴の多いこと。
理由だって分かるよ、筆者も元々そっち側の気質ある人間だったし。
だから、そこにせめて報いることができれば、と自分なりの想いを込めて書いたのだ。

……てか一体どういう層がネガティブワードで検索してるのかはわりと気になるところではある。

大体このアニメのメイン視聴者層(推定小中学生)が検索やらSNSなんてもんをやるんじゃない、脳が狂うぞ!!こんな汚いインターネットやめちまえ!!!昔の筆者みたいになってはいけない!!!

……まぁ私、クソゲーレビューとか調べるの大好きですけどね(ここまでの行いで説得力0)
でもそういうレビューだって、元々は誰かがちゃんと遊んだ上で書かれてるんだしさ。

あるゲームブロガーさんが、新作ゲームを遊ぶ、良いところも悪いところも1つ以上探して挙げる、その結果批判だらけのクソゲーレビューになってしまう……という事を嘆いていたのだけども、
それらを読んでるうちに自分もその熱量に当てられて、
『表面的な情報だけで批判するのではなく、せめて両方の意見を知る努力はする、できれば自分の意見を持てるようにしよう』と思ったの。
そんな文章が好きだったってところが、今やってることの原点にある……のかもしれない。

だから、体感したうえで自分の意見はこうだった、ってことについてはじゃんじゃん胸を張って発信していくべきだと思う。
特に私の場合、なんか書くとマンセーばっかりになる気がする(まぁ、個人的につまらないと感じたものは触れる事すら無駄に感じてしまう気質がある)って点もあるから、そのようにしっかりした対立意見を書ける人は貴重だと思う。本当にエネルギー使うんすよ……
だからせめて、両面から調べるって事くらいはしなければ、と。

ネガティブワードで検索してうちのブログに来てくれたそこの君ィ!!

放送が終わってからもう三年近くなるけど、いい加減本編は観てくれたかい!?!?!?

そろそろ観る予定だったのなら、最近レンタルビデオ屋から消え始めてるよ!!!急げ!!!ちなみに筆者の近所の店からは消えたよ!!!(血の涙)

サブスクも完全ではないから今すぐ観ないと幻の作品になっちゃうかも!!!興味があるなら今すぐ見てくれぇ……

いや、この作品が好きな自分の脳がマジで狂ってんのかもしれないって未だに疑ってるので内容は批判でもいいから長い感想文をくれぇ……(あわよくばその感想文を参考にして二次創作のネタにしようとしている)(もしかしてこいつ、実はその辺のAIよりもタチが悪いのでは?)
(逆に考えるんだ、本編見た結果みんなついて行けなくてリタイアしてしまって何も書けない、つまりこの筆者の頭はやっぱり狂っていたのでは?)

自分自身でこういうことやってるからアレだけどさ、本当はもっと幸せになれるようなワードで検索してきて欲しいと思ってる。だからこそ、ブログ始めて良かったと思ってるし、今後も活動していかねばと。
なんやかんやで、すこしアヴェンジャーな感情が活動の原動力なのかもしれない。